脂肪吸引TOP > 脂肪吸引の種類

脂肪吸引の方法と手術方法について

脂肪吸引の種類
脂肪吸引にもさまざまな術式がある。現在の主流はチューメセントを用いた、Criss-Cross法である。超音波吸引、ボディジェットなどは新しい吸引法として導入されたが、術後の経過、効果については差が無いという医師の見解が多く、あくまで新しい脂肪吸引法として導入はしているようだが現実にはスタンダードな脂肪吸引を推奨する医師が圧倒的に多いのが実情である。


Criss-Cross法

吸引部位の目立たないしわの部分を3~5ミリ程度数ヵ所切開し、カニューレを扇状に動かしながら吸引していく方法。1箇所から吸引する方法は、取り残しや、凹凸ができるというデメリットがあったが、Criss-Cross法は、複数の穴から吸引するため、まんべんなく脂肪を吸引することができより滑らかな仕上がりになる。数か所切開するため傷跡が心配だが、スキンプロテクターで切開部分の皮膚を保護したり、できるだけ切開する部分を小さくすることで傷跡も目立ちにくくなる。

シリンジ法

シリンジ法とは、脂肪吸引専用の引圧のかかる注射器で脂肪を吸引する方法。皮下組織や血管など他の組織を傷つけることなく脂肪を吸引できるため、術後の腫れや痛みなどのダウンタイムが短い。カニューレを使用する場合は皮膚を切開するため傷跡が残る心配があったが、シリンジ法で使用される注射器はカニューレよりも細いため傷跡が目立たないというメリットがある。ただ、カニューレを使用する脂肪吸引程多くの脂肪は吸引できないため、大量の脂肪吸引には適していない。またシリンジ法は深い部分の脂肪吸引に適しており浅い部分の脂肪吸引には適していない。


チューメセント法

脂肪吸引前に、吸引部位に鎮痛効果や止血効果、脂肪を柔らかくする効果のある溶液を生理食塩水に混ぜ注入してからカニューレで吸引していく方法。チューメセント法は出血や痛みなど体へのダメージを少なくし脂肪吸引を可能にした方法で、現在最も一般的な方法。この方法が開発される前の脂肪吸引は輸血を必要とする手術だったが、チューメセント法が開発されてからは、出血量が大幅に減少され輸血が必要なく、スムーズに広範囲の脂肪を大量に吸引できるようになった。

ボディージェット法

特殊な細い管から局所麻酔と止血剤の入ったジェット水流で脂肪層と筋肉層の間に水の隙間を作ることで筋肉層へのダメージを防ぎ、脂肪細胞を分離させ吸引していく方法。チューメセント法の注入技術を機械が代用する技術。従来のカニューレを使用する方法では、筋肉層へのダメージが大きく痛みや腫れが長引くデメリットがあったが、ボディジェット法は血管や神経などの他の組織を傷つけることなく脂肪を吸引できるため、痛みや腫れ内出血などが少なく術後の回復が早いとあるが、現実には腫れや内出血、痛みについては吸引範囲、吸引量と比例するため、新しい治療ではあるが、脂肪吸引の経過・結果には差がないとされている。


超音波脂肪吸引

超音波の振動力を利用し、脂肪組織を破壊したり、細胞間の結合を緩めたりして吸引していく方法。超音波脂肪吸引には体内式と体外式の2種類がある。体内式は、皮膚切開部分に超音波を出すカニューレを挿入し、脂肪内部に直接超音波をあて脂肪を吸引しながら脂肪組織を破壊していく方法。使用するカニューレが太いため若干傷跡が大きくなることと手術時間が長くなるというデメリットがある。 一方体外式は、体の外から吸引したい部分に超音波を照射して、その温熱作用により脂肪細胞を柔らかくし、カニューレで吸引する方法。脂肪が柔らかい状態で吸引できるため細いカニューレを使用でき傷跡が小さく、痛みや腫れなどのダウンタイムも短い。吸引した脂肪は豊胸など他の部位への注入用としても再利用できる。



脂肪吸引の歴史 脂肪吸引の安全性 脂肪吸引の種類



サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) siboukyuuin All Right Reserved.