脂肪吸引TOP > 脂肪吸引の出来る場所 > 二の腕の脂肪吸引術後の経過

二の腕の脂肪吸引術後の経過

  • 二の腕の脂肪吸引
  • 二の腕の脂肪吸引の実際
  • 二の腕の脂肪吸引術後の術後
  • 二の腕の脂肪吸引術後の問題点
  • 二の腕の脂肪吸引の口コミ


二の腕の脂肪吸引 手術後
二の腕の脂肪吸引の手術の当日は出来る限り安静を保ちましょう。脂肪吸引後の安静は内出血、腫れの予防にもつながります。また、吸引部周辺の炎症を少しでも抑えることで痛みも大きくなることを予防できるのです。

脂肪吸引後の3日間は二の腕に包帯もしくは専用の固定サポーターを用いて圧迫します。この3日間は厳重な固定があると考えて下さい。その後、圧迫を外すことができますが、夜間やお家にいる間などガードルなどの圧迫物を装着できるのであれば少しでも長い期間装着することをお勧めします。安静は解除され日常生活には問題のない状態になります。
二の腕の脂肪吸引7日後に縫合している糸を抜糸します。(抜糸を推奨する理由)

抜糸が終わればほぼ完全に普段通りの生活を安心して送ることができます。腫れなどの状態にもよりますが、夜間だけは吸引部の圧迫をするようなガードルやサポーターなどを推奨します。

二の腕 術後の経過

腫れ…1週間程度
痛み…筋肉痛のような痛みが2~3日続く場合がある 内出血…1週間程度 圧迫…3日は包帯で圧迫。その後も3カ月程度専用のサポーターで固定を続けると良い。

術後の過ごし方

仕事…仕事の内容によっては2~3日休みが必要になる場合がある
シャワー・入浴…抜糸まではシャワーのみ。抜糸後入浴可。
運動…1週間程度は控える(腕を使う運動は2週間程度控える) 飲酒・喫煙…1週間程度は控える。



二の腕の脂肪吸引の腫れは概ね1週間程度で落ち着きます。手術後3日間程度は包帯で圧迫を行います。圧迫除去後も専用のサポーターなどで圧迫を続けることにより腫れや内出血を抑え、たるみを予防することができます。腕を動かす際、筋肉痛のような痛みが2~3日続く場合があるので、仕事の内容によっては休みを取る必要があります。アフターケアとして手術後1週間後ぐらいからインディバによる高周波治療を行うことでむくみなどを早期に改善することができます。また1カ月後くらいからエンダモロジーやマッサージなどを行うことにより美しい仕上がりになります。

二の腕の脂肪吸引を受けるポイント
急性期の圧迫は3日で終了しますが、その後も継続的な圧迫は必要となります。期間については状態にもよりますので、その際の医師の判断にもよりますが、数カ月続くことも稀にあります。夏の厚い時期で薄着になる時期などはあまりお勧めはしません。



>次は「二の腕の脂肪吸引の問題点」についてご案内いたします。






サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) siboukyuuin All Right Reserved.