脂肪吸引TOP > 脂肪吸引の出来る場所 > 太ももの脂肪吸引の実際

太ももの脂肪吸引の実際

  • 太ももの脂肪吸引
  • 太ももの脂肪吸引の実際
  • 太ももの脂肪吸引術後の術後
  • 太ももの脂肪吸引術後の問題点
  • 太ももの脂肪吸引の口コミ


太ももの脂肪吸引の流れ
内側のお肉をなんとかしたい。太もも全体を細くしたい。そんな悩みを抱えている方にお勧めするのが太ももの脂肪吸引。やっぱり脂肪吸引はいいんです! ダイエットに頼っていても痩せたい太ももは細くはなりません。でも、太ももの脂肪吸引なら皮下脂肪を確実に吸い取ってくれるから確実な効果がある。 しかし、太ももの脂肪吸引と想像するだけで痛々しい。そのうえ初めての脂肪吸引ならなおさら知らないことや不安も大きい。ここでは太ももの脂肪吸引の手術の流れについて詳しく解説していきます。

STEP-1デザイン/マーキング
太ももの脂肪吸引で大切なのは吸引部分のデザイン。脂肪吸引の名医、経験豊富な美容外科医ならこのデザインにもこだわりがあるもの。雑なデザインというのは実際の太ももの脂肪吸引も雑になる可能性も高い。脂肪吸引のデザインは医師に任せるしなないのだが、自分の太ももの細くしたい部分を正確に伝えましょう。そうすることでより満足度の高い太ももの脂肪吸引の結果を得ることができます。

STEP-2麻酔/チューメセント注入
実は太ももの脂肪吸引で一番痛いのはこの麻酔。歯医者さんで麻酔を経験した人ならわかるだろう。ごく少量の麻酔でも痛い。太ももの脂肪吸引はチューメセント液を大量に注入してから実施する。やはり痛みを完全に取りたいのなら、静脈麻酔や全身麻酔を併用しよう。
静脈麻酔や全身麻酔は非常に危険という医師もいる。しかし、それは違う。確かに未熟な経験の医師やまともな医療設備のない美容外科なら危険だが、しっかりとした管理された美容外科なら安全なのである。

STEP-3脂肪吸引前準備
吸引口の皮膚を数ミリ切開してスキンプロテクターを装着します。スキンプロテクターについてはさまざまな形状や種類があるのですが、現実的にはどれでも同じ。特別なスキンプロテクターなんてありません。大切なのはスキンプロテクターを使用するかしないかということである。

STEP-4太ももの脂肪吸引
スキンプロテクターを装着すればいよいよ太ももの脂肪吸引の始まりです。数種類ある吸引管を使って丁寧に太ももの脂肪を吸引していきます。脂肪吸引の結果を左右するのは手術時間です。なぜなら丁寧に吸引すればそれだけ手術時間がかかるのです。
安易なベイザーの使用などは手術時間の短縮にはなりますが、脂肪吸引の経過、結果には一切影響はありません。それを証拠に美容外科の専門医の資格を持つスペシャリストの多くはベイザーを推奨しておらず、普通の脂肪吸引で丁寧に仕上げています。
十分な時間をかけて丁寧に太ももの皮下脂肪を吸い取ってこそそれだけの結果と効果が得られるのです。太ももの脂肪吸引は凹凸のできやすい部位でもあります。根こそぎ脂肪吸引や浅層の皮下脂肪を吸引するとほとんどのケースで凹凸になります。そういったキャッチで集客しているクリニックこそ受けるべきでは危険なクリニックと考えるべきなのです。

STEP-5吸引口の縫合
麻酔液や血液を排出した後、傷口を丁寧に縫合していきます。太ももの脂肪吸引の傷というのは基本的には目立つものではありません。しかし、それは縫合の技術と皮膚の細かな処理によって違ってくるのです。通院を簡略化させるためにダーマボンドや吸収糸を使用する場合もありますがお勧めはしません。通院は面倒でも傷のことを考えれば表皮縫合をして傷をいたわることが大切なのです。やはり傷は丁寧に縫合することのほうがキレイに仕上がります。

STEP-6ドレッシング/固定
太ももの脂肪吸引で皮下脂肪が吸い出された部分というのは皮膚の下がスカスカの状態をイメージして下さい。しっかりと圧迫固定しなくては皮下出血やリンパ液の貯留によって腫れを助長してしまいます。術後のドレッシングというのは皮膚のたるみを予防するだけではなく、腫れや内出血を少しでも抑えるために必要なのです。
太ももの脂肪吸引直後いわゆる急性期は3日間しっかりと圧迫します。



>次は「太ももの脂肪吸引の術後」についてご案内いたします。






サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) siboukyuuin All Right Reserved.