脂肪吸引TOP > 脂肪吸引の出来る場所 > 背中の脂肪吸引の実際

背中の脂肪吸引の実際

  • 背中の脂肪吸引
  • 背中の脂肪吸引の実際
  • 背中の脂肪吸引術後の術後
  • 背中の脂肪吸引術後の問題点
  • 背中の脂肪吸引の口コミ


背中の脂肪吸引
背中のお肉で悩んでいると着たい服などがあっても、どうせ似合わないから... と諦めかけているあなた。そんな気持ちでは前向きに進むことはできません。思い切って脂肪吸引を受けてみては!
背中の脂肪吸引で大切なのは医者選びです。脂肪吸引の名医って誰なの? どんな美容外科、クリニックでも仕上がりは同じじゃないの? 背中の脂肪吸引の実際の流れ。クリニックの選び方から、脂肪吸引後のアフターケア、背中の脂肪吸引の仕上がりまでをご案内します。

STEP-1デザイン/マーキング
まず最初にどの背中のどの部分を中心に吸引するのかというのを含め、背中にデザインをしていきます。このデザインで背中の脂肪吸引の範囲が決まるため非常に大切なポイントでもある。自分自身がどこが気になっていて、どこを細くしたいのかなど具体的に医師に伝えましょう。

STEP-2麻酔/チューメセント注入
背中の脂肪吸引の範囲が決まってデザインが済んだらいよいよ麻酔をしていきます。吸引範囲やの位置によって吸引口である切開位置が決まります。切開位置に局所麻酔を施し、麻酔が浸透したら皮膚を切開します。その際の麻酔の痛みはさほど強いものではありません。背中の脂肪吸引における痛みの問題というのは、次におこなうチューメセント液の注入時の痛みです。チューメセント液は脂肪吸引する範囲全体に浸透させる必要があるため、注射の強い痛みを感じてしまいます。もちろん、局所麻酔と同じ要領ですので我慢できる方も多いのですが、痛みに対して不安な人や出来る限り痛みを感じたくない人は、静脈麻酔や全身麻酔を併用することをお勧めします。

STEP-3脂肪吸引前準備
チューメセント液が十分注射・浸透したらいよいよ吸引の準備となるスキンプロテクターを装着します。スキンプロテクターを装着することで、吸引管と皮膚との摩擦熱による皮膚の損傷を防ぎます。損傷を防ぐことで傷をきれいにしてくれるので大切です。

STEP-4背中の脂肪吸引
いよいよ気にしている背中のお肉、皮下脂肪を吸引していきます。吸引管は非常に細い管を使います。背中の皮下脂肪は太ももやお腹と比べるとそれほど厚く付いている訳ではありません。そのため、どうしても表層に近い部分の吸引を余儀なくされますので非常に繊細な技術テクニックが要求されます。
背中の脂肪吸引の手術時間も他の部位に比べると長いのがデメリットでもあります。
十分な時間と丁寧に背中の脂肪を吸引して脂肪吸引を終了します。

STEP-5吸引口の縫合
スキンプロテクターをはずして、チューメセント液や中で出血した少しの血液を絞り出します。その後、傷を縫合して脂肪吸引は終了です。

STEP-6ドレッシング/固定
背中の脂肪吸引の術後の固定は、吸引部分を中心にスポンジ状の圧迫固定材料を用いて圧迫し、腫れや内出血を予防します。急性期の固定は3,4日しっかりと固定し、その後の固定は緩やかになります。背中の脂肪吸引の場合、専用スーツなどを推奨しているクリニックもあります。適宜、主治医の指示に従いましょう。



>次は「背中の脂肪吸引の術後経過」についてご案内いたします。






サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) siboukyuuin All Right Reserved.