脂肪吸引TOP > 脂肪吸引の出来る場所 > お腹の脂肪吸引術後の経過

顔(頬)の脂肪吸引術後の経過

  • お腹の脂肪吸引
  • お腹の脂肪吸引の実際
  • お腹の脂肪吸引術後の術後
  • お腹の脂肪吸引術後の問題点
  • お腹の脂肪吸引の口コミ


お腹の脂肪吸引、術後の経過
お腹の脂肪吸引、術後の経過
お腹の脂肪吸引の術後の状態を説明しますと手術直後はお腹全体に包帯や専用のウエストニッパーという装具を装着します。重要な圧迫については3日おこないます。その間は出来る限り安静にすることが望ましいです。しかし、ポイント法のように範囲が限局し狭い場合はその限りではありません。
腫れ
脂肪吸引の術後は大きく腫れることがあります。腫れと吸引量は関係があり、大量の脂肪吸引をおこなえばそれ相当に腫れは覚悟しなくてはいけません。しかし、あくまで腫れなので時間をかければ必ず落ち着きます。
また、腫れの程度は部位によっても違います。お腹や二の腕などは1週間程度で落ち着きますが、太ももやもう少しかかります。ふくらはぎや足首というのは2,3週間かかることがあります。

皮下出血
お腹の脂肪吸引した部分やその周囲(特に下側)の皮膚が赤色、紫色になっている状態です。内出血の程度は個人差もありますし、範囲も吸引範囲や吸引量によっても違ってきます。ボディジェットは内出血が無いと言うあきらかな嘘の広告を見かけますが、内出血というのは治療法に関わらず、吸引する脂肪の量に比例する傾向にあります。
3,4日過ぎたころから内出血の周囲は黄色く変化しはじめ、概ね1週間程度で脂肪吸引による内出血は消失します。お腹の脂肪吸引の内出血は時間の経過で必ず消失するものです。心配せずに過ごして問題ありません。

痛み
お腹の脂肪吸引の痛みというのは激痛となるようなことは比較的少なく、体動時に筋肉痛のような痛みを伴います。しかし、この痛みも吸引量、吸引範囲と比例しますので、それだけお腹の脂肪を吸引すれば痛みは強くなります。しかし、内服でコントロールできる程度ですので過剰な心配は無用です。また、日に日に痛みは軽減してきますので、あまり不安になるようなことはないです。1週間以上も続くような痛みはほとんどないと考えて良いです。

傷跡
お腹の脂肪吸引の傷というのはおへその中、下着で隠せる範囲の中から行います。わずか数ミリですので目立つような傷ではありませんが、一時的な赤みは数カ月持続することがあります。
ほとんどすべてのクリニックでスキンプロテクターを使用しますので皮膚の挫滅を起こすことはありませんが、縫合技術の低いクリニックはケロイド状に傷が残ることがあります。

皮膚の感覚麻痺
お腹の脂肪吸引のように広範囲に及ぶ手術の場合、損傷を受ける面積が広い場合は皮膚表面の感覚が一時的に鈍くなることがあります。しかし、このような問題は数カ月で改善しますし、クリニックによってはない服を処方してくれます。インディバ(高周波温熱療法)などのサポートでより早く解消させることも報告されています。

内部の拘縮
脂肪吸引は脂肪層の剥離が行われる手術です。そのため傷が治ろうとする過程で一時的に硬くなります。その部分を拘縮と呼びますが、お腹の脂肪吸引でもそういったことが起こります。通常、脂肪吸引の術後1週間から10日以降に徐々に硬くなりはじめ数カ月続く時があります。拘縮が痛みなど苦痛になることはありませんが、違和感が出る可能性はあります。
インディバやエンダモロジー、ストレッチやセルフマッサージで早く改善します。



>次は「お腹の脂肪吸引の問題点」についてご案内いたします。






サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) siboukyuuin All Right Reserved.