脂肪吸引TOP > 脂肪吸引の出来る場所 > お腹の脂肪吸引の実際

お腹の脂肪吸引の実際

  • お腹の脂肪吸引
  • お腹の脂肪吸引の実際
  • お腹の脂肪吸引術後の術後
  • お腹の脂肪吸引術後の問題点
  • お腹の脂肪吸引の口コミ


お腹の脂肪吸引
ぽっこりお腹、ウエストラインがなくなってきたお腹、脚は細いのにお腹の皮下脂肪が多いと悩んでいる人はお腹の脂肪吸引を受けようか悩んでいることだと思います。しかし、なぜ脂肪吸引に躊躇してしまうのでしょうか? それは治療費用、効果、リスク、治療法もよくわからないなどさまざまな疑問や不安が大きいのではないでしょうか。ここではお腹の脂肪吸引の治療の流れ、お腹の脂肪吸引の麻酔についてご説明していきます。

STEP-1デザイン/マーキング
お腹の皮下脂肪の場所にペンで印を付けていきます。希望している範囲は正しいのか主治医とよく相談しながらデザインをしていきましょう。このデザインが仕上がりに結果やボディラインに影響してきます。医師のいいなりになって妥協するのではなく、しっかりと話し合いましょう。

STEP-2麻酔/チューメセント注入
お腹の脂肪吸引の麻酔はポイント法であればそれほど吸引範囲は広くありませんので、局所麻酔でも十分ですが、2ポイント以上、全周法など広範囲に及ぶお腹の脂肪吸引は麻酔の注射がかなり痛いです。よく美容外科の広告で手術は痛くないというコメントを見かけますが、脂肪吸引は麻酔をしますので吸引中の痛みはありません。痛いのは脂肪吸引のための麻酔が一番痛いんです。痛みに対して不安な人は静脈麻酔全身麻酔による手術をお勧めします。
お腹の脂肪吸引はチューメセント法という方法で、麻酔薬、止血剤などを混ぜたお薬を吸引する部分全体に大量に注入します。
注入された大量のチューメセント液は、脂肪細胞や周辺組織に浸透し、脂肪細胞を吸引しやすいように分離し、脂肪にくっついている血管を収縮させ脂肪吸引がスムーズになるようになります。
お腹の脂肪吸引の麻酔というのは局所麻酔でも治療はできます。しかし、お腹の場合は範囲だけではなく脂肪層に厚みがあるため、注入するチューメセント液の量が多いのでできれば静脈麻酔や全身麻酔による吸引をお勧めします。

STEP-3脂肪吸引前準備
吸引口の皮膚を数ミリ切開してスキンプロテクターを装着します。

STEP-4お腹の脂肪吸引
数種類ある吸引管を使って丁寧にお腹の脂肪を吸引していきます。吸引量や吸引時間というのは手術する範囲、脂肪層の厚さによって大きく変わってきます。具体的に何mlが平均的というのはありません。個人差が非常に大きいのです。
お腹の脂肪吸引で大切なのは手術が丁寧か否かです。細かく丁寧に脂肪吸引するには相当な手術時間が必要です。短時間で吸引できるのは誰でもできます。しかし、それは粗雑な脂肪吸引以外のなにものでもありません。多くの美容外科はボディジェットを導入し、最高の脂肪吸引だと称賛しているように思わせていますが、手術時間の短縮のメリットはありますが、それと腫れ、内出血に差はありません。また、脂肪吸引の仕上がりに差には一切関係はありません。お腹の脂肪吸引で大切なのは丁寧に細かく脂肪吸引するだけなのです。使用する医療機器の問題ではないということを知っておきましょう。全く根拠のない過大広告に惑わされてはいけません。

STEP-5吸引口の縫合
お腹に残った麻酔液や血液を排出した後、傷口を丁寧に縫合していきます。 通院を簡略化させるためにダーマボンドや吸収糸を使用する場合もありますがお勧めはしません。通院は面倒でも傷のことを考えれば表皮縫合をして傷をいたわることが大切なのです。やはり傷は丁寧に縫合することのほうがキレイに仕上がります。

STEP-6ドレッシング/固定
脂肪を取り除いた部分は中身がすかすかの状態ですので、包帯で圧迫し吸引の効果が最大となるよう圧迫して周囲組織とくっつくようにします。また、手術後は著しい腫れ、内出血を生じます。それを抑える目的と、吸引部分の癒着のずれを防ぐために脂肪吸引後、3日間はしっかりと圧迫します。



>次は「お腹の脂肪吸引の術後」についてご案内いたします。






サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) siboukyuuin All Right Reserved.