脂肪吸引TOP > 脂肪吸引の出来る場所 > 顔の脂肪吸引の問題点

顔の脂肪吸引の問題点

  • 顔の脂肪吸引
  • 顔の脂肪吸引の実際
  • 顔の脂肪吸引術後の術後
  • 顔の脂肪吸引術後の問題点
  • 顔の脂肪吸引の口コミ


顔の脂肪吸引の問題点
顔の脂肪吸引の問題点は左右差、過剰な吸引による不自然な仕上がりです。現実にこういったトラブルは少なくないということを十分知っておいて下さい。すべての美容外科医が丁寧で美しく仕上がるわけではないんです。心無い、技術もない医師によって顔や頬の脂肪吸引の後にさらに深刻な悩みに変わることもあるのです。

左右差 顔の脂肪吸引というのはわずか数mlの吸引で絶大な効果を上げることができます。たったそれだけの吸引で輪郭やフェイスラインが大きく変わるのです。そのため、ほんの少しの吸引の差があると明らかな左右差を作り出してしまいます。取り残しであれば再度吸引すれば改善します。


過剰な吸引 これは顔の脂肪吸引でもっとも深刻な問題です。左右差のところでも取り上げましたが、顔や頬の脂肪吸引というのはほんの少しの吸引量なのです。なので過剰に取り過ぎてしまうとげっそりと落ち込んだ顔を作ってしまいます。実はこういったケースの修正は非常に困難で脂肪注入やヒアルロン酸で補填する方法で対処はできますが、成績は好ましくはありません。

顔の脂肪吸引のリスクと失敗
 吸引しすぎ
 左右差
 取り残し
 腫れ・内出血
 効果がない
 頬が垂れてしまった


顔の脂肪吸引の技術と傷跡
(顔の脂肪吸引の技術と傷跡)
顔や頬の脂肪吸引の傷というのは耳たぶの真下に残ります。しかし、この部分はほとんど目立ちません。おそらく誰にも気が疲れることはない程度のものです。脂肪吸引を受けて数週間ピンク色になっていることもありますが、仮にわかったとしてもニキビ?と違いはありません。
顔や頬の脂肪吸引にはスキンプロテクターは使用しません。摩擦によって皮膚にダメージを与えた場合、経験豊富な上手な医師というのは皮膚をトリミングして縫合したり、炎症を抑えるお薬を使用したりするため回復が早いのが特徴です。

(受けると良いアフターケア)
顔や頬の脂肪吸引の手術後にお勧めするアフターケアはエンダモロジー、インディバ(CET)、フェイシャルエステ。それは吸引部分が硬くなることを予防・改善させてくれるだけでなく、たるみの予防・改善にもつながります。術後は是非受けることをお勧めします。

選んじゃいけないこんなクリニック
顔の脂肪吸引だけではありませんが、脂肪吸引というのは一度取ってしまうと再生することはありません。そのため、過剰な脂肪吸引や予定外部分の脂肪吸引は皮膚の陥没や凸凹を作ってしまうだけで修正が非常に困難です。クリニック選びは慎重におこないましょう。

(過度のデザインは不要)
脂肪吸引はデザインが命といっても過言ではありません。しかし、そのデザインが過剰では無意味です。いくつかの美容外科のホームページには顔に対してぐちゃぐちゃにデザインを施しているクリニックを見かけます。「そこは吸引できないでしょ!」という部分にまで意味なく書き込まれています。これはそれだけ広範囲に丁寧に脂肪吸引をしているという見せかけだけの演出に過ぎません。「演出=結果・技術力」ではありませんし、そういった見せかけだけの注目させて集客を図るという医者のあさはかなイメージ戦略に騙されてはいけません。また、症例写真というのも参考程度に留めておくべきです。なぜなら失敗例は絶対に載せないでしょうし、画像修正も今の技術では容易であるということを忘れてはいけません。


>「顔、頬の脂肪吸引の口コミ」をご紹介します。






サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) siboukyuuin All Right Reserved.