脂肪吸引TOP > 脂肪吸引の出来る場所 > 顔、頬の脂肪吸引

顔の脂肪吸引

  • 顔の脂肪吸引
  • 顔の脂肪吸引の実際
  • 顔の脂肪吸引術後の術後
  • 顔の脂肪吸引術後の問題点
  • 顔の脂肪吸引の口コミ


顔の脂肪吸引
大きな顔、細っそりとさせたい頬、はっきりとしないフェイスラインで悩んでいる方にお勧めするのが顔(頬)の脂肪吸引です。最近太った?と言われる方の多くはやはり顔の肉が付いてしまったから。ダイエットをしてもこれといった効果を感じるどころか、ストレスが溜まって反ってふっくらしてしまった人も少なくはありません。
顔(頬)の皮下脂肪を取ってスッキリとさせることでストレスを軽減することもできるし、頑張っているダイエットにも弾みがついたと言うひとも少なくありません。顔(頬)の脂肪吸引というのは耳の直下から皮下脂肪を吸い取りますので傷も目立つことなく安全に確実な結果を手に入れることができるのです。


顔の脂肪吸引の場所
(1)頬の脂肪吸引範囲(2)フェイスライン、二重アゴの範囲の写真 顔の脂肪吸引の場所というのは下記の図のような部分を確実に効果的に痩せさせることができます。

ほんの少しの体重の変化で顔に出てしまう人は顔の脂肪吸引がお勧めです。いつまでも変わらない小顔で過ごす魅力的な素顔を顔の脂肪吸引で手にれてみませんか!


顔の脂肪吸引の傷
顔の脂肪吸引の傷 顔の脂肪吸引の場所というのは下記の図のような
部分を確実に効果的に痩せさせることができます。


顔(頬)の脂肪吸引のリスク
顔(頬)の脂肪吸引のリスクは、左右差、凹凸、吸引場所のズレによる不自然な状態などがある。二の腕やお尻の脂肪吸引などのようにたるみについては比較的少ない。
顔の脂肪吸引というのはわずか1mlでも表面の仕上がりに差が出ることがある。他の部位の脂肪吸引とは訳が違う。それほど繊細な脂肪吸引であり、左右差の問題は非常に大きい。顔の脂肪吸引を得意とする医師はわずかな吸引量も見過ごさず、丁寧に仕上げてくれるので安心して脂肪吸引を受けることができるのが特徴である。

顔、頬の脂肪吸引の概要
手術時間60分程度
腫れ大きな腫れは4,5日程度、軽い腫れは1,2週間続く
内出血比較的少ない。万一、内出血を起こしたとしても4,5日で消失する
手術中の痛み麻酔の痛みがある。静脈麻酔などで緩和できる
術後の痛み術後の痛みはほとんどありません。
術後の圧迫・固定3日間はしっかりと圧迫すること。その後はフェイスマスクの装着が望ましい
耳たぶの直下に1,2ミリ。ほとんど目立たない。
メリット確実な効果がある シャープなフェイスライン 小顔効果に優れている
デメリットダウンタイムを生じる。医者のセンス・技術で結果にばらつきが多い。トラブルを引き起こした場合、修正が困難。
費用の相場20万円から30万円
備考顔、頬の脂肪溶解注射を推奨しているクリニックもあるが、脂肪減量は左右均一とは限らない。あくまで運任せ。そのため顔、頬のメソセラピーは絶対に避けるべき。脂肪溶解注射と脂肪吸引の腫れはほとんど差がない。ダウンタイムを考慮しても脂肪吸引のほうが現実的で効果も確実である。


顔の脂肪吸引で大切なこと

吸引量というのは数mlという繊細な脂肪吸引。太ももやお腹の脂肪吸引のように1,000ml以上吸引するようなものとは違う。シリンジで細かく微調整しながら顔の脂肪吸引をおこなうため医者の経験、センスで仕上がり・満足度は格段に違うと言うことを知っておくべきである。大手美容外科のように未熟な医師はいくら症例数があっても確かな技術を持ち合わせていないため、吸引し過ぎたり、左右のアンバランスなどの失敗も少なくない。脂肪吸引は安かろうでは済まされないのである。医者の経歴を要チェック!!

失敗しない顔の脂肪吸引を受けるならココ!!



>次は「顔の脂肪吸引の流れ」についてご案内いたします。






サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) siboukyuuin All Right Reserved.