脂肪吸引TOP > 脂肪吸引の出来る場所 > お尻の脂肪吸引術後の経過

お尻の脂肪吸引術後の経過

  • お尻の脂肪吸引
  • お尻の脂肪吸引の実際
  • お尻の脂肪吸引術後の経過
  • お尻の脂肪吸引術後の問題点
  • お尻の脂肪吸引の口コミ

お尻の脂肪吸引の流れ
ダウンタイム
お尻の脂肪吸引のダウンタイムというのは固定をしている3日程度。著しい痛みもありませんし、スカートをスカートを履いてしまえば、基本的には翌日からでも仕事をすることができる脂肪吸引のひとつです。
※ダウンタイム(日常生活への制限):お尻は顔の整形のように腫れたとしても日常生活には影響はありません。お尻の脂肪吸引におけるダウンタイムは基本的には固定をしている3日程度と比較的短く気軽に受けることができる脂肪吸引です。
痛み
脂肪吸引の術後の痛みというのは個人差がありますが、一般的にお尻の脂肪吸引というのはほとんど痛みのない、苦痛の非常に少ない脂肪吸引です。太ももの脂肪吸引やふくらはぎの脂肪吸引というのは広範囲に及ぶと痛みが強いことがありますが、お尻の脂肪吸引については痛みをさほど気にすることなく治療を受けることができます。

術後の状態
傷は縫合された状態になります。縫合しない脂肪吸引も現実には可能ですが、縫合した傷のほうが仕上がりの傷はキレイです。赤みも早く引きます。縫合しない方法としてダーマボンドを使用しますが、赤みの期間が長くなる可能性が高く面倒でなければきちんと縫合することが望ましいです。 お尻の脂肪吸引後は3日程度吸引部分を圧迫したり、テーピングで引き上げて固定します。
腫れや内出血について
どんな名医であっても腫れや内出血が出る可能性があります。しかし、お尻の脂肪吸引で出現する腫れや内出血というのは時間の経過で確実に消失します。
・腫れについては1週間程度
・内出血については3,4日で消失

ダウンタイム
お尻の脂肪吸引の効果が出るまでの目安というのは概ね10日程度です。しかし、あくまで腫れの状態にもよって違ってきます。仕上がりについてはさまざまな解釈があるのですが、形状に関する仕上がりは概ね1カ月でほぼ変化が出ることはありません。しかし、傷の赤みなどを考えた最終的な仕上がりというのは3ヵ月や半年程度かかります。



お尻の脂肪吸引術後のケア
・エンダモロジーヒップアップ効果に優れたトリートメントです。
・インディバ高周波温熱療法でヒップアップに効果もありますが、それ以上に手術の炎症を抑えてくれます。
・マッサージ脂肪層の拘縮を予防し違和感を取り除いてくれます。
・ストレッチヒップアップ効果に優れています。



>次は「お尻の脂肪吸引の問題点」についてご案内いたします。






サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) siboukyuuin All Right Reserved.