脂肪吸引TOP > 脂肪吸引の出来る場所 > まぶたの脂肪吸引の実際

まぶたの脂肪吸引の実際

  • まぶたの脂肪吸引
  • まぶたの脂肪吸引の実際
  • まぶたの脂肪吸引術後の術後
  • まぶたの脂肪吸引術後の問題点
  • まぶたの脂肪吸引の口コミ


まぶたの脂肪吸引
上まぶたがボテッとしている。まぶたが厚ぼったい。下まぶたが膨らんでいるなどまぶたのふくらみの原因は眼窩脂肪にある。まぶたの脂肪は体の脂肪吸引とは違い、吸引管を使って皮下脂肪を吸い取るのとはは違う。まぶたの脂肪吸引というのは、いわゆる脱脂術といって吸い取るのではなく、押し出して取るのである。上まぶたの脂肪吸引のことを、上眼瞼脱脂術。下まぶたの脂肪吸引を下眼瞼脱脂術と呼ぶ。

上まぶたの脂肪吸引(上眼瞼脱脂)
上まぶたの脱脂術の多くは、単純に脂肪を取るだけではなく、埋没法などで二重まぶたを同時に希望する人が多い。そのため、埋没法で数ミリ切開する傷を利用して、眼窩脂肪を探し出して取り除きます。

(治療の流れ)
 1.麻酔     目薬による表面麻酔。次に皮膚表面に局所麻酔を注射します。
 2.まぶたの切開 まぶたの皮膚を数ミリ切開します。
 3.眼窩脂肪   マイクロのピンセットなどを用いて眼窩脂肪を引き出します。
 4.脂肪切除   適正量の眼窩脂肪を切除します。

下まぶたの脂肪吸引(下眼瞼脱脂)
下まぶたの脱脂術には2通りの方法があります。いずれも結膜側といってまぶたの裏側から切開して眼窩脂肪を取り出すのですが、メスを使って切開する方法と炭酸ガスレーザーを使って脂肪を取る方法の2通りがあります。ここでは炭酸ガスを使っておこなうまぶたの脂肪吸引の治療の流れをご説明します。

(治療の流れ)
 1.麻酔      目薬による表面麻酔をおこないます。次に下まぶたの皮膚表面に局所麻酔を注射します。
 2.レーザー照射  結膜側から炭酸ガスレーザーを照射し、眼窩脂肪の層まで広げていきます。
 3.眼窩脂肪の露出 眼窩脂肪を露出させ押さえて出る眼窩脂肪を確認します。
 4.脂肪切除    眼窩脂肪を1ヶ所ではなく、2、3ヶ所のエリアから取り出して切除します。
 5.傷を閉じます  基本的には縫合しませんが、ピンセットなどで傷を閉じて終了します。

いずれの方法であっても大きく腫れたりするようなことはありません。術直後からほぼ仕上がりに近い状態に近づきます。



>次は「まぶたの脂肪吸引の術後」についてご案内いたします。






サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) siboukyuuin All Right Reserved.