脂肪吸引TOP > 脂肪吸引の失敗

脂肪吸引のリスクと失敗

脂肪吸引の失敗
脂肪吸引にも失敗はあります。
脂肪吸引は顔じゃないしそれほど問題はないだろうと思っていては脂肪吸引の失敗に巻き込まれる被害者ともなりうるのです。いろいろなクリニックのホームページを見ると脂肪吸引にはいろいろな方法があるように思えます。クリニックによっては自分達の脂肪吸引が特別な方法。絶対は失敗はないというどれほど自信過剰な迷惑医者がいるんだろうかと思う。現実の脂肪吸引には実は大きな進歩というのはありません。超音波、レーザー、ベイザーなどがPrされていますが、脂肪吸引を得意とする医師の多くはこういった手法を一切導入していません。それには理由があるのです。
実は脂肪吸引の仕上がり、経過、効果にはなんのメリットもないからです。脂肪吸引で大切なことは丁寧に治療すること。脂肪吸引で失敗しないのは適切な医師による脂肪吸引を受けることと言及しているからなのです。ここでは実際に起こりうる脂肪吸引の失敗について解説していきます。

脂肪吸引の失敗 その1、皮膚表面の凹凸

脂肪吸引後に起こる皮膚の凹凸は医師の技術テクニック以外にはありません。医師の経験の未熟さ、層(レイヤー)を考えず、雑な脂肪吸引によって起こりうる脂肪吸引の失敗のひとつです。皮膚表面の凹凸の修正は非常に難しいことが多いため要注意です。
手術方法が古いから起こるわけではありません。手術方法に左右はされません。ベイザーは凹凸にならないというのも嘘です。皮膚表面の凹凸は医者の技術テクニックだけの問題です。

(比較的起こりやすい部位) 太もも、二の腕、ふくらはぎ 太もも、二の腕、ふくらはぎ

脂肪吸引の失敗 その2、仕上がりが美しくない

誰でも取れるだけ取ってほしいという要望はあります。しかし、脂肪吸引は吸引する量が多ければ良いという訳ではありません。吸引部分とそうでない部分とのバランスなども十分デザインして吸引する必要があります。特にお尻(太ももとお尻の移行部など)の脂肪吸引などは要注意です。過度に取り過ぎると確実にお尻の皮膚は垂れてしまいます。太ももについても全体を細くするだけではなく、特に内側を吸引する際のデザインなども仕上がりには大きな違いが出てきます。 また、お腹の脂肪吸引に比較的多い失敗は皮下脂肪は十分取れているが、それによって内臓脂肪の輪郭が浮き出てしまっている状態もあるんです。お腹がスリムになると期待していても、内臓脂肪がぽっこりなんてこともある。
脂肪吸引は多く取ることを目的とするのではなく、美しく整えることを目標に設定すべき治療なのです。

(比較的起こりやすい部位) 太もも、お尻 お腹 太もも、お尻 お腹

脂肪吸引の失敗 その3、取り残し・不十分

おへそ周り、膝上など雑な脂肪吸引しかできない未熟な医師などはポイントポイントで必ず取り残しをしてしまいます。特にベイザーなど手術時間を短縮させるためだけに安易に使用している医師はそういう傾向が強い。本来、脂肪吸引にベイザーは一切不要。チューメセント法、クリスクロス法と呼ばれる従来の脂肪吸引がもっとも丁寧に仕上がるものです。

脂肪吸引の失敗 その4、効果がない

脂肪吸引は確実な効果を認めます。そのため通常は効果が無いといったことは起こりません。しかし、現実には効果がないという脂肪吸引の失敗を目にします。
1)治療適応の誤り もともと皮下脂肪が少なく、脂肪吸引をする必要のないケース
ふくらはぎの脂肪吸引の場合、皮下脂肪ではなく筋肉ということも多い。というよりも筋肉が肥大していることのほうがむしろ多い。(最近では皮下脂肪と筋肉というケースが多い)その場合、いくら脂肪吸引を丁寧におこなったとしても効果は少ない。筋肉に対する治療が必要である。
2)脂肪吸引が雑で適当 本来であればもっと取れるはずなのになぜか?吸引されていないケース
医師にやる気がないのか?つまめる脂肪も多いのになぜだかしっかりと吸引されていない。高い治療費用を支払ってもこれでは全く意味がない。
3)内臓脂肪の問題 脂肪吸引で吸引できるのは皮下脂肪。つまめる脂肪だけです。
お腹の脂肪吸引に比較的多い失敗のケース。お腹の皮下脂肪は十分吸引できているが、内臓脂肪の輪郭が浮き出ている。内臓脂肪はダイエットによって減らすしか方法はありません。医師のしっかりとしたアドバイスが不十分だということです。特に男性の脂肪吸引、50歳以降の女性の脂肪吸引に多い失敗です。

脂肪吸引の失敗 その5、左右差

脂肪吸引における仕上がりの際の左右の違いは非常に醜い。これは脂肪吸引の技術の問題なので受ける側にはなんの責任もない。しかし、左右差については再手術によって修正することは比較的容易である。

(比較的起こりやすい部位) 頬、太もも ふくらはぎ 二の腕 頬、太もも ふくらはぎ 二の腕

脂肪吸引の失敗 その6、傷跡が目立つ

脂肪吸引の傷というのは基本的には数ミリの切開なので目立つことはありません。しかし、医師によってはとんでもないところに傷を付けられることもある。ただ取れば良いでしょ!という医師の場合、カラダの中でももともと傷のできやすい場所に切開を加えてしまい傷が目立つということもある。形成外科の知識・経験の乏しい医者などはその典型例である。また、脂肪吸引では皮膚を保護するためにスキンプロテクターを使用する。プロテクターは吸引管の摩擦によって熱によるダメージを保護するためですが、プロテクターだけでは保護しきれないケースもあります。脂肪吸引の名医と呼ばれる医師は縫合の際にその傷を見て皮膚のトリミングなどを施してくれものです。

脂肪吸引の失敗 その7、皮膚のたるみ

年齢的にたるみやすいのは50歳以降の女性。二の腕の脂肪吸引については概ね弛む傾向にあります。もちろん、弛ませないようにエンダモロジーなどのスキンケアや引き締め運動などを実施することで大幅にたるみのリスクを下げることはできます。

(比較的起こりやすい部位) 二の腕、太もも お腹 二の腕、太もも お腹

脂肪吸引の失敗 その8、知覚・感覚異常

太ももやふくらはぎなど手術の後に皮膚表面の感覚に違和感が出現することがあります。それは脂肪吸引によって神経に損傷が起こるものです。残念ながらこれは医師の技術の問題だけとは言い切れません。もちろん、雑に手術をすればそいったリスクは高くありますが、どんなに丁寧に実施しても起こりうる可能性はあります。また、知覚・感覚の問題というのは吸引範囲、吸引量にも比例します。吸引範囲が広くなればそれだけ神経損傷のリスクは高くなります。ベイザーやレーザーによって乳化させた脂肪吸引はそのリスクが低くなるという医師もいますが、それは嘘です。あくまで吸引範囲、吸引するレイヤー、吸引量に影響されます。
大切なのはそういった問題を引き起こした際にどういった対処をしてくれるか?ということです。

脂肪吸引の失敗 その9、アフターケアの不十分さ

脂肪吸引における手術後のアフターケアは非常に重要です。実は仕上がりにも多少影響すると言われています。特に術後の固定・ドレッシングが不十分だとたるみを引き起こしたり、むくみが長く続くことで吸引部のリンパの流れが停滞し、繊維化しむくみを助長させてしまうことがあります。
術後の管理を含めしっかりと対応しているクリニックを選ぶべきです。術後の管理が徹底されているクリニックというのは術後の検診の回数が多いこともあり、一見、面倒でデメリットと感じる方も多いのですが、実はしっかりと管理されているという現れでもあるのです。
脂肪吸引で失敗しないために大切なのは信頼できる医師による脂肪吸引以外に方法はありません。脂肪吸引で失敗する人の多くは、低料金で脂肪吸引クリニックを選んでしまったり、医師の経歴が未熟な脂肪吸引クリニックで受けてしまったりとさまざま。大手美容外科や技術力のない=集客力のないクリニックなどは脂肪吸引を低価格化したり、キャンペーンなどの特別価格で提供したりしています。中には交通費まで支給して集客しなければ脂肪吸引を受ける人がいないクリニックまであるのです。もちろん、低価格や交通費まで支給してくれればラッキーでしょう。しかし、そういった価格やサービスには技術力の無さやいいかげんな医療技術が背景にあるということを知っておくべきなのです。
本当に技術力に優れた信頼できる医師というのは絶対に安売りをすることはありません。

>脂肪吸引の技術の優れた。脂肪吸引に定評のある名医はこちらで検索






サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) siboukyuuin All Right Reserved.