脂肪吸引TOP > 脂肪吸引、選んじゃいけないクリニック

脂肪吸引、受けると危険なクリニック

選んじゃいけない美容外科
脂肪吸引において選んじゃいけない美容外科、任せてはいけない美容外科医というのは非常に多い。
某サイトには3年、5年目の医者は失敗が多いとありますがそれは誤り。安易な医師というのは経験年数ではない。経験が長くてもとんでもない医者もいるのが実情。大切なのは医者の経歴、人物像も関係している。それと院長、医療部長だからといって安心はしちゃいけない!
一般的な医療機関では院長となのある役職に就くものというのはそれだけの実績と責任があるから、医院の長、責任者として院長という役職になる。しかし、現実の美容外科は全く違うということを知っておこう。特に大手美容外科のようにチェーン展開しているクリニックには医師の離職が多い。ちょっと適当な経験を積んだらすぐに独立して開業する輩ばかり。そのため、そういったクリニックは名義貸しのように誰でも院長という要職につけているのが実情。現に、美容外科に就職して3ヵ月で院長という要職に就いているものも少なくない。ホームページに掲載している医者の経歴ほど怪しいものはないと自覚しておこう。


医者の経歴を熟知する
美容外科の場合、研修として美容外科を学ぶことはない。なぜなら大学には美容外科を標榜しているところはほとんどない。仮に標榜していたとしても現実美容外科手術なんてものはほとんどない。形成外科の一部として美容外科は位置づけられているが、形成外科は先天性疾患の治療や瘢痕の手術などはあっても一般の美容外科手術はほとんど無い。それならどこで研修するか、それは基本的には大手美容外科でアルバイトとして実績を積むことが多い。



形成外科出身の医師であれば安心なのか?
もちろん、形成外科出身とはなにか? 数週間形成外科の医局に出向しただけでも、経歴上形成外科と言うことができる。これには違法性はない。そのため、悪質な輩などは医師免許を取得し、研修医の勉強の際に形成外科を周った経歴だけで形成外科の経歴として表記しているものもいる。
言いかえると、料理人が有名料理店に就職し、数週間程度皿洗いなどの経験を積んですぐに独立してお店をオープンし、その経歴として有名料理店で修業した。それと同じことである。しかし、ホームページの経歴を見てもそんなことは判断できない。
また、テレビや雑誌などのメディアによく登場する女医などはその典型的なもの。もちろんビジュアル的には非常にキレイであることに間違いはない。そんな女医の経歴はよく変わる。この数カ月前までは内科医だったのに、今は皮膚科医、この先はきっと美容皮膚科医、美容外科医とつぎつぎと変化を遂げるのであろう。もちろん、そんな医者にろくな経験が無いのは察しがつく。


なにを基準に考えるべきか!
ひとつの参考指標としては公的な専門医の取得である。日本形成外科学会の認定専門医、日本美容外科学会の認定専門医がそれらの資格である。これらの資格を取得するには形成外科の医局に所属しなくては取得することはできない。専門医を取得している医師であれば一定の経験は積んでいると考えても良い。
しかし、専門医といっても不器用な医者も多いのを忘れてはいけない。本来であれば専門医を取得している医者となれば頼れる医者と推薦したい。しかし、専門医を取得している医者の中にもとんでもない医者も多いのも現実。おれは専門医だから... 大切なのは医者、人としての人間性が大切であるということを忘れてはいけない。医者は技術がすべて!と言い張る医者は単に無知なだけであろう。 もちろん、技術がない外科医は困る。しかし、考えて。人として優れた医者はインチキな治療を行いますか?自信のない適当な治療を行いますか?
答えは"ノー"です。医師として素晴らしい人間、人として素晴らしい人間は自分に自信のない手術は絶対に勧めることはありませんし、手術の適応が無いと判断すれば意味のない手術を勧めることもありません。また、自分では結果を出すことができなくても他の医師であれば結果を出せると考えれば、その医師に紹介するなど適切な方法を選択してくれます。 私たちが考える名医というのは、人柄も含めた人間性を重視した医師なのです。



選んじゃいけないクリニック

選んじゃいけないクリニックというのはいくつかのポイントがあります。本当に技術があって専門としているクリニックというのは人気があります。大手美容外科のように意味の派手な広告を垂れ流すことなく安定した集客を得ることができるため、無駄なキャンペーンや詐欺まがいのキャンペーンなどは絶対におこないません。ここでは選んじゃいけない美容外科のポイントをいくつかピックアップします。


治療費キャンペーンで大幅な割引きがされている
治療費用をキャンペーンで割引くというのは自分の医療技術を安売りすることです。安売りするには必ず理由があります。商品の販売などであれば納入価格を抑えたり、さまざまな経費を抑えることで一定の割引きは可能です。しかし、納入価格を必要としない医療にとっても割引とはなんでしょう。自ずと答えは出るはずです。それは安全性の低下、治療品質の低下、医療薬品の不適切使用につながります。メディアとのタイアップキャンペーンなどならともかく、適当に割引キャンペーンを実施しているクリニックに高い医療の質なんて有りません。


芸能事務所、モデルが通うクリニックと通称している
モデルが通うクリニック、芸能事務所と提携。もしあなたが美容外科で治療を受ける場合、それをだれかに言いますか?隠しませんか? それをモデルが通うなど公表するというのは個人情報も漏らしているか、モデルが来るということで集客しているクリニック側のモラル、虚偽なのです。


交通費支給クリニック
治療に行って交通費がもらえる!すごくうれしいでしょう。しかし、交通費まで至急しなくては集客できないクリニックということですよ。患者が集まらないクリニックであなたは脂肪吸引を受けますか? そんなクリニック、リスクが高すぎて私は絶対に受けません。交通費がかかっても良い医療、サービスを受けなくてはトラブルのもとですから。


治療費用が相場・表示とかけ離れている
脂肪吸引を含めどんな手術にも相場というのがあります。手術費用を決めるのは手術にかける時間、使用する薬剤費、術後の固定に使用する物品などによって決められています。安い治療費というのは一見良いと思いますが、安さには理由があります。短時間の脂肪吸引で手術が雑であったり、使用する医薬品が適正使用されていないなどさまざまな問題があるのです。治療費用には適正価格があるということを知っておいて下さい。
それと広告で見かける治療費用と実際にカウンセリングに行って提示された価格に大きな違いがあった場合も絶対に危険です。


カウンセリング当日の治療ができる
カウンセリング当日に簡単に脂肪吸引ができるクリニックというのは安全管理がうまくできません。脂肪吸引というのは一定の出血のリスクもありますし、事前に感染症などのチェックが必要です。それをせずに適当に治療するスタイルというのは、手術すべてが適当であると考えるべき。絶対にカウンセリング当日の手術は避けるべきだし、それを実施しているクリニックも避けるべきである。



サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) siboukyuuin All Right Reserved.