脂肪吸引TOP > なぜ脂肪は溜まるのか?

お腹の脂肪を取る方法

なぜ脂肪は溜まるのか?
気になるお腹や太ももの皮下脂肪、また外見からは判断できない内臓脂肪は元は食事から摂取した過剰なエネルギーが原因です。私たちが毎日摂取する食品の中に含まれる糖分や脂肪分、またアルコール類などは生きるためのエネルギーとして体内で消費されますが、エネルギーとして消費されなかった分は体内で合成され脂肪へと変化します。この脂肪が肥満の原因になります。例えばご飯やパン、お菓子などに含まれる糖質は、腸で吸収される際に消化液や酵素によってブドウ糖に変化し肝臓に運ばれます。肝臓に運ばれたブドウ糖は血液に乗ってエネルギーとして使われますが、糖質の過剰摂取や運動不足などからエネルギーとして使われなかったブドウ糖は再び肝臓に運ばれ、ブドウ糖と遊離脂肪酸が合成し中性脂肪へと変化します。体内で合成された中性脂肪は脂肪細胞に蓄えられて、皮下組織の下や内臓の周囲に蓄積し体脂肪が増加していきます。体内に蓄積された皮下脂肪や内臓脂肪は保温の役割や、外部からの衝撃を防ぐクッションの役割を持ちますが、過剰に蓄積されることによって肥満を引き起こします。特に、近年メタボリックシンドロームという言葉が広く浸透したように、内臓脂肪の蓄積から引き起こされる生活習慣病が問題視されています。

脂肪を溜めない工夫が必要!!
脂肪を溜めない工夫 脂肪を溜めない工夫。それは摂取するエネルギーと消費するエネルギーのバランスを保つことです。食べすぎたら運動する。翌日の食事量を減らすなどさまざまな工夫が必要です。 また、血糖の上昇を抑える工夫も必要です。



サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) siboukyuuin All Right Reserved.